不安に打ち方前向きに行動する方法

不安の正体は妄想です

不安の無い人はいません。

  • 収入の不安
  • 仕事の不安
  • 将来の不安
  • 失敗の不安
  • 人間関係の不安

挙げればキリがありません。

起きてほしくない事を先に考えて「不安」になっていることがほとんどです。

しかし、実は不安は「妄想」なのです。

「不安」は自分で勝手に考えて、

作り出した「妄想」です。

つまり、「妄想」に振り回されているという事です。

不安に打ち勝つ方法

不安に「打ち勝つ方法」はシンプルです。

「相手にしない」「不安=妄想」として処理できていれば

問題ありません。

しかし、そんなに簡単にいかないのが現実です。

なぜなら不安は「恐怖」を感じるからです。

「恐怖➡妄想➡不安」の流れで不安が成立します。

「不安」が成立すると自動サイクルのように回り始めます。

恐怖➡妄想➡不安➡恐怖➡妄想➡不安

負のスパイラルが回り出すという事です。

ここで知らなければいけない事は、

「実際には起きていない」という事です。

起きていないことで不安を感じても仕方がありません。

不安と完全に決別する方法

不安のほとんどが「言われのない恐怖」です。

しかし、どうしても「不安」を感じてしまう人には、

「死ぬわけじゃない」と知ることです。

ほとんどの不安は起きたら怖いし、失敗したら嫌だけど、

死ぬわけではありません。

「死ぬ」事より怖いことはありません。

生きていればどんな状況からでも「やり直す」事ができます。

不安を感じても「死ぬわけじゃないし」と割切って下さい。

割り切ることができれば「不安」と完全に決別することができます。

不安と決別したら行動しよう

不安と決別することができたら「行動」しましょう。

行動する事が不安と関わらない為の方法でもあります。

「行動」している人は不安を感じることはありません。

逆に「不安を感じている暇が無い」と言った方が正しいかもしれません。

先の事を考えても仕方がありません。

今できる事に集中することの方が大切です。

不安を感じることは「アクセルとブレーキ」を同時に踏んでいる状態です。

これでは1mmも車は動きません。

小さくても確実に行動して前に進むことが大切です。

まとめ

私たちが感じる不安は全て「妄想」です。

たとえ、恐れていた不安が現実になったとしても、

死ぬわけではありません。

不安を感じるのであれば「死ぬ事」を覚悟してみて下さい。

「死ぬまでにやっておきたい事」が必ずあるはずです。

「死ぬ事」を覚悟することができれば怖い物は何も無いはずです。

1日でも長生きしたいはずです。

「不安=妄想」と完全に決別して楽しい人生を送って下さい。

最後までありがとうございます。

おすすめの記事